生活の知恵

部屋をスッキリさせる断捨離のコツ

余分な荷物のない、スッキリときれいに整えられたお部屋は理想的ですが、日々忙しいと、整理整頓が後回しになりがちに。部屋の隅に新聞紙や雑誌が一度積み重なるように置かれるようになると、邪魔なだけでなく、荷物が荷物を呼び、部屋がどんどん荒れてしまいます。そんな風にして、汚れきった部屋を綺麗に片付けるのは、大変な労力を必要としますよね。

できれば、週1度は整理整頓を行いたいところです。また、季節の変わり目や年度末は余分な荷物を捨てる良いタイミングに。今回は部屋をスッキリさせるのに役に立つ断捨離のコツについてお伝えします。

 

断捨離のコツその①ルールを決めておく

断捨離をするためのルールを、あらかじめ決めておきましょう。

例えば洋服を冬服、夏服で入れ替える時に、1年以上着なかった服は処分する。新しい洋服を買う時は古い服を1枚処分する。本棚からはみ出ている本がある場合は、余分な本を処分する、などです。

一度ルールを決めたら、ルール通りに断捨離を行います。断捨離を習慣化することができ、余分な荷物が溜まりにくくなります。

 

断捨離が難しいと感じるのは、どのタイミングで何を捨て、何を取っておくか、迷うからです。あらかじめ、断捨離のためのルールを決めておくと、処分するタイミングや処分するもので迷うことがなくなります。

また、部屋にあるもの全部を一度に断捨離しようとすると、全ての物を把握するのに、時間がかかりますが、ルール通りに断捨離をする場合、時間はほとんどかかりません。

 

断捨離のためのルールを決める前の準備として、モノの配置はあらかじめ決めておきましょう。

洋服はクローゼットに。本は本棚に。食器は戸棚に。置き場所を決め、いつも同じ場所に置くように習慣づけられれば、常にスッキリと綺麗に整えられて見えるだけでなく、どんなものを持っているのか瞬間的に把握することができ、余分なものを買いすぎるということもなくなります。

 

断捨離のコツその②手放すことに喜びの感情を結び付ける

断捨離をするには、手放すことに喜びの感情を結び付けましょう。

例えば、家の中で放置されているだけだった洋服や本、こどもの不要なおもちゃなどがお小遣いに変わったら、ワクワクしませんか?リサイクルに回して、新しい持ち主の人に喜ばれていることを想像したり、手放すものをメルカリなどで売ってプチ収入を得られる喜び、余分なモノが無くなってスッキリと綺麗に整えられた部屋で気持ち良く過ごせることへの喜びをイメージできると、手放すことへの抵抗感が薄くなります。

 

有料でないと引き取ってもらえないような大型のものを捨てるのは面倒くさいという感情が結びつきがちですが、無料で引き取ってもらえるようなサービスを見つけられると、お得な気分になりますよね。ゲームのように宝探し感覚で調べてみると楽しい気持ちになれます。

 

また、不要なものを持ち続けていると、風水上では、運気が下がると言われています。実際、モノが多すぎると、探しているのもが見つからなかったり、ストレスが溜まり、精神的な悪影響があります。余分なものを捨てることがストレス解消、開運に繋がっている♪と考えられると前向きな気持ちになれますよ。

 

愛着があった洋服や本を処分する場合、手放すことへのさみしさ、悲しさといった感情が断捨離の妨げとなります。手放すことに強くストレスを感じるような大切なものは、無理に手放さなくて良いです。

ただ、断捨離が習慣化できるようになってくると、モノへ執着する気持ちが無くなってきます。次第に、モノがなくても大丈夫、という自信がついてくるのです。本当かどうかは、ぜひ試してみてくださいね。

 

断捨離のコツ③プロにお願いする

すでに荒れてしまい、自分の手には負えないほど、部屋の荷物がすごくなってしまっている場合、プロにお願いするのも手です。

プロの方は手早く短時間で断捨離を行うことができますし、プロの方に部屋を片付けてもらいながら断捨離のコツを直接聞く、ということも可能です。

 

自宅の部屋の断捨離は、自分であれ、他人であれ、マンパワーが必要となる作業です。

自分に余力が無い場合、他人に頼ってしまっても良いのです。自分は世の人に支えられている、助けてもらえれば生きていける、人や社会との繋がりを実感する良いきっかけにもなります。

 

断捨離のコツのまとめ

今回は、部屋をスッキリさせるのに役に立つ断捨離のコツについてお伝えしましたが、いかがでしたか?

 

断捨離のコツは

・断捨離のためのルールを決める

・手放すことに喜びの感情を結び付ける

というのが大事です。

毎日コツコツと断捨離し続けることができれば、大掃除とか必要とせず、苦労もなく、常にスッキリと綺麗なお部屋で過ごすことができるようになりますので、ぜひお試しください。

 

すでにお部屋が荒れすぎて自分では手に負えないという場合、プロにお願いするのも手です。

スッキリ綺麗に整った部屋で、毎日快適に過ごすことで、自分の意識も前向きになり笑顔で過ごせるようになりますよ。

 

-生活の知恵

© 2022 日々の気づきを紡ぐ Powered by AFFINGER5