生活の知恵

お風呂場掃除は重曹使いでピカピカに!湯アカやカビ落としにもOK

重曹は安全で環境に優しく エコ掃除の友ですが、100均でも購入することができるコスパの良さも魅力です。

以前こちらのブログでも重曹を使ったお掃除方法についてお伝えしたことがありますが、もちろんお風呂掃除にも使えるのです。

重曹を使ったお掃除方法についてはこちらをご覧くださいね。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

大掃除に便利!重曹の使い道、使える場所と使い方とは?

 

今回は、お風呂場掃除に重曹使いでピカピカにする方法についてお伝えします!重曹は湯アカやカビ落としにも使えるのですよ。

 

 

浴槽の湯アカ落としには重曹+石鹸

重曹は炭酸水素ナトリウムという弱アルカリ性の物質を含み、油汚れを落とすのに適しています。

浴槽にヌルヌルべた付く湯アカは、皮脂汚れと、水道水の中のマグネシウム、石鹸カスの成分が化合した酸性の汚れなので、落とすには弱アルカリ性の重曹と石鹸の組み合わせが使えます。

粉の重曹は浴槽の汚れをやさしく研磨します。

 

使用するもの:重曹(粉)、石鹸、スポンジ

掃除方法

  1. スポンジに水を含ませたら、石鹸を付けて泡立てる
  2. 泡立ったところに重曹をふりかけ、揉みこむ
  3. 強い力でこすらず、優しい力で浴槽全体を、クルクルと円を描くようになでる
  4. シャワーでしっかり流す

 

浴槽の残り湯がまだ温かいうちに、カップ1杯程度の重曹を入れ、かき混ぜて重曹をよく溶かした状態でお風呂のふた、洗面器、手おけ、お風呂用の椅子、子どものお風呂用おもちゃなどの小物を浸して一晩漬けおきすると、石鹸を使わずに重曹だけで浴槽や小物についた汚れが溶けて落ちやすくなります。

翌日、浴槽の水を捨て、漬けおきした小物とともに、しっかりシャワーで水洗いします。小物に残っている汚れはスポンジなどで軽くこすると簡単に取れます。日頃から残り湯に重曹を入れてつけ置きしておけば、浴槽をこすり洗いする必要もなく、傷をつけません

 

排水溝のお掃除には重曹+クエン酸

排水溝には、髪の毛やホコリや、皮脂汚れや湯アカ、せっけんカス、水アカなど、酸性やアルカリ性の様々な汚れがこびりついています。

皮脂汚れや湯アカなどの酸性の汚れは重曹だけでも落とすことができますが、水アカはアルカリ性の汚れなので、同じアルカリ性の重曹では綺麗に落とすことは難しいです。酸性のクエン酸を使うことで、水アカも綺麗に落とすことができるようになるのです。

 

重曹とクエン酸を混ぜると二酸化炭素の泡が発生し、泡が汚れを浮き上がらせ、汚れを落としやすくします。

 

使用するもの:重曹(粉)2分の1カップ、クエン酸4分の1カップ、ぬるま湯コップ1杯

掃除方法

  1. 排水溝の受け皿に溜まっている髪の毛やホコリなど大きいゴミを取り除く
  2. 排水溝の受け皿、ふた、排水トラップを取りはずし、表面を覆うように重曹をふりかけ、10分から15分置く
  3. ふりかけた重曹の半分くらいのクエン酸を重曹の上にふりかけ、コップ一杯のぬるま湯を全体に振りかける
  4. もこもこ泡立ってから5分ほどで汚れが浮き上がるので、そのまま30分くらい置く
  5. シャワーで泡を洗い流し、残っている汚れがあれば、ブラシやスポンジで落とす

重曹もクエン酸も消臭効果があるので、重曹とクエン酸を合わせる技は排水溝の臭い対策にもgoodです。

 

カビ落としやピンク汚れには重曹+酸素系漂白剤

できたばかりのカビは重曹大さじ3に対し水大さじ1の割合で練った重曹ペーストを歯ブラシにつけてこすればすぐ取れますが、しっかり根を張ってしまったカビまで落とすことは難しいです。カビは見つけたらすぐに落とすのが簡単で楽です。

 

カビを落とす時には、殺菌・除菌力が必要です。漂白剤には強い殺菌効果があるので、根を張ってしまったカビやピンク汚れを落とすには、重曹に酸素系の漂白剤を加えます。酸素系の漂白剤は刺激が強いので、使用する場合には必ずゴム手袋を着用しましょう。なお、塩素系の漂白剤は使用NGです。

 

使用するもの:重曹(粉)大さじ2、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)大さじ2、水、ラップ

掃除方法

  1. 重曹と酸素系漂白剤を合わせたものに少量水を加えてペーストを作る
  2. カビやピンク汚れに薄く塗り、ラップをして1~2時間置く
  3. ラップをはがし、シャワーで流す

ここで重要なのは、カビを落とすときにはお風呂場は乾燥させた状態でするということと、ペーストはこすらないで密着させるということです。

お風呂場に湿気があるとペーストが緩くなり、ペーストを落とすこするとカビの部分に傷がつきカビの根が奥まで入り込んでしまうからです。

まとめ

今回は、お風呂場掃除に重曹使いでピカピカにする方法についてお伝えしましたがいかがでしたか?

 

重曹はアルカリ性なので、皮脂汚れや湯アカなど酸性の汚れを落とすのに適しています。

浴槽の残り湯にカップ1杯の重曹を溶かし、お風呂のふた、洗面器、手おけ、お風呂用の椅子、子どものお風呂用おもちゃなどの小物を浸して一晩漬けおきし、シャワーで流せば石鹸を使わずに重曹だけで浴槽や小物についた汚れが溶けて落ちやすくなります。

浴槽についた湯アカを落とすには重曹と石鹸の組み合わせ、排水溝の汚れを落とすには重曹とクエン酸の組み合わせ、カビやピンク汚れを落とすには重曹と酸素系漂白剤を組み合わせることで、お風呂場をピカピカに綺麗にすることができますので、ぜひお試しくださいね。

この記事はいかがでしたか?


人気ブログランキング

この記事はいかがでしたか?

-生活の知恵
-, , ,

© 2020 日々の気づきを紡ぐ Powered by AFFINGER5